農林水産政策研究所 行政対応特別研究主要国横断研究資料
平成23年度 カントリーレポート: 米国,カナダ,ロシア及び大規模災害対策(チェルノブイリ,ハリケーン・カトリーナ,台湾・大規模水害)
第4章 チェルノブイリ原発事故に関連する農業分野の法的規制などについて(ベラルーシ、ロシア関係)長友謙治
cr23-4.pdf
PDFファイル 863.6 KB
フクシマとチェルノブイリの比較地図
群馬大学 早川由紀夫教授作成
2011.12.09改訂版
CHER22.jpg
JPEGファイル 235.4 KB

ECO JAPANリポート

どうなる放射能汚染物の処理【4】“原発並み”の放射能抱える東京の下水道施設

2011年8月2日

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20110729/107086/?ST=print

放射能ウォッチャー

http://www.radiationwatchers.org/

放射線の正しい測り方(マンガでわかりやすいです)

http://p.booklog.jp/book/30823

柏市の広報誌2011.12.01
柏市除染実施計画についてのってます
koho-kashiwa1201k_end.pdf
PDFファイル 4.3 MB
文部科学省による放射線量等分布マップ(線量測定マップ)の作成について
本年6 月6 日から実施してきました、平成23 年度科学技術戦略推進費「放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」『放射性物質の分布状況等に関する調査研究』について、放射線量等分布マップ(線量測定マップ)を作成しましたので、お知らせします。(2011.08.02)
土壌汚染マップ1306855_0802.pdf
PDFファイル 1.1 MB

環境省 災害廃棄物対策

http://www.env.go.jp/jishin/#haikibutsu

 

都廃棄物埋立処分場での放射線量率(γ線)等測定結果
(平成23年8月以降)
都廃棄result_radiation_230902.pdf
PDFファイル 203.8 KB
都廃棄物埋立処分場での放射線量(γ線)等測定結果
(平成23年5月~7月)
都廃棄result_radiation_230727.pdf
PDFファイル 230.9 KB

社団法人日本土壌肥料学会

放射性セシウムに関する一般の方むけのQ&Aによる解説

http://jssspn.jp/info/secretariat/4137.html

 

(宇佐美小学校)伊東市内における放射性物質の調査結果について2011.07.20
宇佐美housyanou.pdf
PDFファイル 10.4 KB
現在の 空間線量率 から将来の空間 線量 率を予測 する 考え方 について
第64回 原子力安全委員会臨時会議 資料第1-1号
siryo1-1 20110824.pdf
PDFファイル 325.0 KB
現在の空間線量率から将来の空間線量率を予測する考え方について(に関する助言、回答)
第64回 原子力安全委員会臨時会議 資料第1-2号
siryo1-2 20110824.pdf
PDFファイル 83.8 KB
東北~北関東域の空間線量率(8月1日作成)
作成:岩手大学農学部農学生命課程農畜産環境保全学分野

文部科学省及び栃木県による航空機モニタリングの結果に岩手県の測定値を追加して作成

http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~grass/radiation_iwate.htm

http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/index.html
110801.pdf
PDFファイル 624.0 KB
大気中への放射性核種(ヨウ素131、セシウム137)の放出総量の再試算について
福島第一原子力発電所から大気中への
放射性核種(ヨウ素131、セシウム137)の放出総量の再試算について
第64回原子力安全委員会
資料第3号
siryo3 20110824.pdf
PDFファイル 63.2 KB
2011/07/29 14:00発表
環境放射能水準調査結果(月間降下物)
(Reading of environmental radioactivity level by prefecture[Fallout])
(H23年3月分、 March、2011)
降下物.pdf
PDFファイル 44.8 KB

土壌中の汚染物質の拡散の数理と予測

山本 昌宏(東京大学 数理科学研究科 教授)以下一部抜粋

水を土壌に置き換えると,拡がりを予測することは一般論として複雑になる。 その理由は,水と異なり土壌では,さまざまな大きさの粒子が,ある場所ではびっしりつまっていたり,別の場所ではスカスカであったりという不均質性があることや,地下水によって流れていくためである。 すると汚染物質は,あるところでは停留したり,別のところではスルスルと移動したりする。 その結果,移動する物質の粒子が次に現れる位置が,確率的に無作為には決まらなくなる。 このような場合は図に示すように,通常の拡散方程式などを用いた単純な予測値に比べて,想定外の場所で(放射性とは限らないが)物質の濃度が高くなることが知られている。

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/31/11.html

 

大気中の物質拡散

小池 真(東京大学 地球惑星科学専攻 准教授),
中村 尚(東京大学 先端科学技術研究センター 教授,地球惑星科学専攻 兼任)

以下一部抜粋

降水過程は大気中のエアロゾルを効率的に除去するため,特に降り始めの降水中には,それ以後の降水に比べて高い濃度の放射性物質が含まれる可能性がある。 また降水でいったん地表に落ちた粒子が,強風により再び浮遊することもある。 いっぽう,降水により除去された放射性物質は,陸水,土壌,作物,酪農などに蓄積する可能性がある。

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/31/06.html

 

スイスの福島第一原発からの放射性物質拡散予​測。すごいな、と思うのが、10m、500m、1500mの3通りがあること。

http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

 

包装と環境、廃棄物の情報サイト

http://www.nippo.co.jp/dn/201107_w.htm

 

東京23区のごみ問題を考える

http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/7c3ba3031f9ff70f10309c05d963a3d4

 

群馬大の早川教授のブログです。

 http://kipuka.blog70.fc2.com/

 

東京圏内の代表的な公園の放射線量マップ

 http://www.numtech.co.jp/column/20110525/#survey10

 

【肥田美佐子のNYリポート】米原発専門家に聞く「文科省の学校土壌処理は汚染拡大招く時代錯誤」

2011年 7月 29日 10:22 JST
http://jp.wsj.com/US/Economy/node_281454

 

みんなのガイガーカウンター(1) (水曜日, 29 6月 2011 11:44)

Facebookのグループ「福島第一原発を考えます」掲載記事をご紹介します。
第一章
見えない脅威、見えない敵

家庭の主婦がガイガーカウンターを持って家の周りや学校や公園の放射線量を計って回る必要がある世界なんて、誰が想像したでしょうか?
見えない敵ほど恐ろしいものはありません。

でも、ちょっと待って!

あなたの手に入れたガイガーカウンターは正しく作動していますか?
個々にリスクに対して対処していかないといけないのに、そのリスクが過大に評価されたり、過小に評価されてしまっては自分たちの身を守るための判断を誤ります!


第二章
ガイガーカウンターじゃダメなんだ?

みなさんは、どんなサーベイメータを買いましたか?ネットオークションで?それとも電気街を探し回って?

放射線を計るという事についてちょっとだけ知って欲しい事があります。

サーベイメータの種類

○ガイガーカウンター
まるで、サーベイメータの代名詞!
放射能測定ならガイガーカウンターと思っている人も沢山居るはず。
ガイガーカウンターとはガイガーミュラー計数管(GM係数管)という不活性化ガスを封入した筒に電極を通した割と単純な仕組みで放射線を感知する装置。
今から80年以上昔に発明された。
ただ単純に放射線を捉えた数をカウントするだけで核種まではわからない。(セシュウムの検出はできない)
※γ線だけでなく、β線や条件によってはα線も感知してしまう。そのくせγ線の感度は低い。(実はコレが問題)
手作業で組み立てられる工程が多いので主に人件費の安い国で生産されている。
職人を使うため、いきなり量産ができない。
製品にバラツキが多い。

特に、日本での需要の影響で最近多く出回っている製品の中には出荷時の校正(正しく調整)を行っていないと思われる製品も多く、個人が身の回りの放射線量を計った場合の数値がかなりマチマチになる場合が見受けられる。

ガイガーカウンターを購入するならば、キチンと校正を行っているメーカー及びできれば、エネルギー補償GM係数管という、よりフラットな特性にチューニングされたGM係数管を使用した製品をオススメする。
粗悪な製品に大枚を叩くのは馬鹿げています!

○シンチレーション検出器
放射線を通すと、蛍光を発する物質(シンチレータ)とそ蛍光をキャッチするセンサーで構成される。
小型のものは、シンチレータとフィトダイオードで構成される。
放射線のエネルギー分解能に優れているため、核種の推定が出来る(セシュウムを感知する事が可能)
計測はγ線が中心
感度が高いサーベイメータを作る事ができる反面、精度の高い電源や回路を必要とし、シンチレータにNaI(ヨウ化ナトリウム)の結晶を使用するなどコスト的に高くつくため、製品の価格もそれなりに高い。

シンチレーション式でもエネルギー保障回路を持たない、簡易なタイプの製品は、ノイズを拾いやすく信頼性はかえって低い。

○電離箱
たまに売っているのを見かけますが、これは、私達が身近な放射線を測定するのには全く不向きなサーベイメータです。
冗談で買って見せびらかすには良いかも知れませんが、真剣に放射線を測定する目的で購入するならば、ピクリとも動かないメータの針を眺めながら深く後悔するでしょう。

○半導体(PINフォトダイオード=シリコン半導体)
シンチレーション検出器からシンチレータを省き、直接半導体で放射線を受け、測定しようという方式。
最新式のサーベイメータとして売り出されているのを見かけますが、感度が低く1μSv/h以下の放射線は殆ど感知できない(つまり小数点以下の表示は当てにならない)ため、やはり私達が身の回りの放射線を計測する目的では使えないと思ってください。
反面、高い放射線まで計れますので、原発の事故現場等で使用されるには適しています。
福島1号原発に行かれる方は購入を検討しても良いかも?

○CdTe半導体
次世代サーベイメータの決定版として「みんなの線量計プロジェクト」で開発しているCdTe(カドテル=テルル化カドニュウム)と呼ばれる結晶から作りだした半導体を用いて放射線を計測する装置。

シリコン半導体よりも原子番号が大きなCdTe結晶を用いているため、シンチレータを用いない半導体センサーでありながら高い感度とエネルギー分解能を持っている。
半導体は量産化によるコストダウンが見込めるために、CdTeサーベイメータを沢山の人に使ってもらえれば、精度が高くて均一なセンサーを安く提供する事ができる!

そうすれば、もう粗悪な製品で落胆したり混乱したりしなくて良くなる。

みんなのガイガーカウンター(2) (水曜日, 29 6月 2011 11:46)

第三章
こんな計り方じゃダメなんだ?

さあ、あなたは粗悪な物であれちゃんとした物であれ、サーベイメータを手に入れました。
でも、誤った使い方をしてしまっては元も子もありません!
さらには、その間違った測定結果をTwitterやその他SNSに載せてしまったら…。

そこで、これだけは守ろうサーベイメータの基本。

①可能であれば、校正してから使いたい。
ゴメンなさい、いきなりハードルが高いですが、可能であればあなたのサーベイメータがどんなクセを持っているのか、正しく調整されたサーベイメータと同条件で比較して校正を行っておけば安心です。

大学や研究機関で放射線測定を行っている様な施設に頼んで、あなたのサーベイメータを校正してもらう事ができますが、これはちょっと敷居が高いですね、ゴメンなさい

「みんなの線量計プロジェクト」ではこの様なサーベイメータ校正イベント「鳴き合わせ会」なんかも企画したりしますので機会があれば、参加してみてください。

②γ線を測定しましょう
皆さんが、気にしているシーベルトという単位は、放射線があなたの身体に及ぼす影響度を数値化した値です。
人体の皮膚、筋肉、内臓、骨などそれぞれに影響する値(係数)があってそれに基づいて計算されるべきものです。
で、殆どのサーベイメータにおいてこの計算式はγ線を基準にしてあります。
ですから、一部のGM係数管を使用したサーベイメータはβ線(特殊な使い方ではα線)も検出してしまい、オマケにGM係数管はγ線もβ線もα線も区別無くカウントしてしまう(特にβ線は多めにカウント)ためにとんでもなく高めの数値が飛び出してきて驚いてしまったりするのです。
つまり、正しいシーベルト値を計測しようと思うのであれば、あなたはγ線のみ計測できる機器か、β線やα線の影響を受ける機器の場合、センサーをアルミで覆うなどしてβ線α線を遮断しなければなりません。

③一定時間計測しましょう
スイッチポンで「ハイ!測定完了」こんなサーベイメータはありません(超高価なシンチレーション型には計測時間の短いものもありますが)
あなたの所有しているサーベイメータの感度や精度にもよりますが、少なくとも10分間計測してその間何度か数値を記録し、その平均値を採用してください。(常に平均値を出してくれるタイプのものは10分間以上経った後の数値)
サーベイメータはその小さなセンサーで瞬間瞬間に捉えた放射線をカウントしています。
つまり、確率的なとらえ方をしていますから、できるだけ時間をかけてその平均値出す事で正しい数値に近づくのです。

④同条件で測定しよう
空間線量を測定する場合は、毎回できるだけ同じ条件で測定すれば、その前後のデータを比べる事で、上がっているのか下がっているのか判断しやすくなります。
例えば、同じ場所、同じ高さで測定するなど。

④サーベイメータが汚染されちゃダメ
良く、メディアで汚染区域に入ったレポーターがサーベイメータを地面に置いて「こんなに高い数値が!」と言っていたりしますが…「そんなもん、直に置いたらサーベイメータが汚染されてまうやろが!ボケ」と突っ込みを入れたくなってしまいます。
放射線源は目に見えない小さなチリになって拡散していますから、そんな所で剥き出しのサーベイメータを使用したら、サーベイメータに放射線源が付着してもうまともに計測できない機械になってしまうでしょう。
ですから、みなさんも汚染されているかも?と思う場所で使用する場合は、ラップでグルグル巻きにしたり、ジップロックに入れて使用して、使用した後はラップやジップロックは捨てるようにしてください。

⑤残念ながら食品の汚染は計れません
サーベイメータを購入された皆さんの中には食品の汚染を知りたくて購入された方も多いかと思います。

しかし、残念ながらあなたのお持ちのサーベイメータでは食品の汚染を計る事は難しいと言わざるを得ません。
中には、あたかも食品の汚染がわかるみたいな宣伝文句をうたって販売されているサーベイメータを見受けますが、真に受けて購入された方はご愁傷様です。

どうしても、計ってみたいと言う事であれば、野菜や魚であれば、それを細かく切り刻み、ジップロックにサーベイメータと一緒に入れて、それを鉛の箱の中にいれて数時間計測してみてください。

食品の汚染度(ベクレル)を計るには、専用の測定器(50万~数百万円)を購入するか、自治体や専門機関に頼むしかありません。

⑥バックグランドも意識しよう
自然界には、その土地毎に原発事故や核実験による汚染以外に存在する自然由来の放射線があり、これをバックグランドと呼んでいます。
日本各地のバックグランド放射線一覧
https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/pub?hl=ja&key=0Ahz2IV1paU9-dFBrRHZ5LWR2RDdndlpnMUpSeURCNlE&output=html

このバックグランド放射線は土地によって違いますが、0.01~0.1μSv/hぐらいまで存在します。
ですので、今計っている場所が汚染されているかどうかについては、このバックグランド放射線の量を差し引いて判断するのが良いでしょう。

⑦核種を気にしよう
ある程度正しい放射線の測定方法が解ったら、今度は核種(放射線を出す物質の種類)を気にしてみよう。
この場合、GM係数管は役に立ちません。
エネルギー分解能を持ち放射線のスペクトルを検出できる能力を持ったサーベイメータが必要です。
それは、NalシンチレーションタイプやCdTe半導体タイプでその様な機能を持ったサーベイメータが数十万程度の価格で今後登場してくると思われます。
コレを使えば、見えない脅威を本当の意味で可視化する事が可能です