ホームページをつくったわけ

みなさん、こんにちは。

私は、佃地区に住む小学生の子どもがいる母親です。

 

お隣の江東区では、「NO!放射能 江東こども守る会」が立ち上がり

その成り行きをずっと見ながら、中央区はどうするのがいいのだろう?と

ずっとモヤモヤと考えていました。

 

中央区の会があったほうがいいのか、無くても構わないのか。

 

→会があれば、情報が一つにまとまります。

→今までは、クチコミみたいな感じで、知っているママ同士のつながりだけだけど、それ以外の輪が広がる

→つながりを持たない人に対しても、情報の発信ができる(発信だけなので、受信してもらえるかどうかは判らないが)
 
ただし、会を作るとなると、当然ですが、どういう会なのか、

ということが大事になってきます。

 

代表の人が、はっきりとやってほしいことを打ち出す必要性があると思いつつ

反面、同じ気持ちの人以外と敵対するのは、何かが違うと感じてしまう。
 
そんなことを気にしていたら、何も活動できない、とも思うのだけど
過去の、反○○運動、など、そういう運動は、賛成の人も、反対の人も
参加しましょうよ、という姿勢が、あまり無かったのかな?とも思う。
 
ただ、単純に、子供の安全を守るとか、健やかな成長を願うための会なんだから
そんなことは気にしないで、

放射能測定の要望や、給食食材(内部被爆を無くす)の問題、

学校行事の見直し(代替案の提案)など、要望を出していこうよ!とも思う。
 
が、やっぱり、この問題は、非常にデリケートな問題・・・。
測定してくれ!とか、給食の食材に気を付けてくれ!という要望を出すこと自体を
こころよく思わない人がいるというのも、事実だと思っています。

こころよく思わない人というのは、

職業柄、声を大にしては言えない立場にあるという人もいるだろうけど、

そういう複雑な事情とは関係なく、
 
「確かに放射能は危険だろうけど判らないのだし、そんなこと言い出したら生活ができないでしょ?
 そんなに気にする人は、引っ越しするしかないでしょ?
 結局は、何もできないんだし、危険性もそんなに大げさにするほでないと思うのに、騒ぎ立てないでほしい。
 仕方ないことと、あきらめている。だから、もう考えたくない。
 いつも通りの生活を楽しく続けたい。そのほうがよっぽどストレスなく健康に過ごせます」
 
って思ってる人がいるってこと。
私は、この考え方は、現時点での東京中央区において、

半分は、それも正しい生き方の選択(?)だろうな、と思っています。
 
長期間の低線量被曝については、結局、誰にも判らないわけで
判らないから用心したいという人と、気にしたくない、って人がいます。
 
その気にしたくない人たちの「平和な日常」をぶち壊すような派手な活動が
はたして本当に正しいのか?って迷っちゃうところがあるのです。
 
そして、子供たちの間でも、対立が生まれないような配慮をしつつの活動が

必須だと思っています。
 
なので、明確な目標をかかげた会という感じではなくて、
まずは、みんなで、一つ集まる場所がある、つながれるキッカケがある

のがいいかな、と考えています。
 
本当は、PTAとか、そういう既存の仕組みもあるのですが

実際、なかなか難しいところがあるかと思います。

 

純粋に、子供を心配している「ただの親」達が、活動したり

情報を交換できる場を作りたいのです。

 

中央区の場合、幸い、あまり高い線量が出てるような場所は今のところなさそう
ということで、ますます、気にし過ぎないほうがいい派が多くなるかな、

という気持ちも判る私ですが

 

残念ながら、
 *数年間に渡り、今後も、ずっと続く問題になりそう
 *お隣の江東区のスラッジプラントはすぐ近くにあります
 *江東区だけでなく、各地でこれから、汚染ゴミが焼却されていく
 *自分の地域の子どもの問題というだけでなく、日本中の子どもの問題でもあること

 

など、考えると、ちゃんと考えて、意見をいい、監視したりしていかないと、
まずいんじゃないの???という危機感から、何かしなくてはと思っています。
 
いろんなママ達とメールのやりとりを始め、

人数が増えてきたので、

ホームページを作ってみることにしました。

初めてで、不慣れなので

どなたか、手伝ってくださる方がいたらうれしいです。

 

保護者がつながって必要な情報交換や問題提起をできる場所があること、
必要な時(署名とか)はみんなで頑張れること、
誰か代表にくっついて活動するというより、皆さん一人一人が主体的に動くこと、考えることがまずは大切、という考えで、このホームページを立ち上げます。

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

2011年6月27日